会社案内
半世紀に亘る歴史を継承できる強み
弊社は1956年の創業以来、水道用バルブを中心とした青銅合金の鋳造に取り組んで参りました。
また、2002年からは加工・組立事業も開始し鋳造から製品までの一貫生産体制を整えました。
私たちは品質向上・低コスト化に努め、常に時代のニーズにマッチした「モノ造り」を追求して行きたいと思います。

今後とも、皆様のご指導ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

取締役社長 無量小路 俊宏


会社概要
会社名 睦合金工業株式会社
創 立 昭和31年3月
所在地 本社・埼玉工場:埼玉県幸手市惣新田5069番地
連絡先 TEL:(0480)48-1045
FAX:(0480)48-0850
資本金 20,000,000円
代表取締役 取締役社長 無量小路 俊宏
社員数 60名
定休日 日、祝祭日
事業内容 CAC406及び無鉛青銅の鋳造・加工
取引銀行 日本政策金融公庫 大森支店
埼玉りそな銀行 幸手支店
栃木銀行 幸手支店
武蔵野銀行 幸手支店
企業規模 月産鋳造能力 150t
敷地面積 4,784㎡
建物延面積 3,600㎡
受電設備 1,080kw

アクセス

会社沿革
  • 昭和31年 3月
  • 東京都目黒区にて、有限会社睦合金鋳造所を設立。銅合金鋳物の製造を開始する。

  • 昭和38年 7月
  • 東京都大田区本羽田に羽田工場を竣工。生産開始する。

  • 昭和41年 6月
  • 羽田工場の生産増加により、目黒工場閉鎖。本店を羽田工場とする。

  • 昭和43年 5月
  • 組織を変更。睦合金工業株式会社と改める。

  • 昭和44年 1月
  • 埼玉県幸手市惣新田に埼玉工場を竣工。生産開始する。

  • 昭和48年 1月
  • 埼玉工場にMAFD自動造形ライン(東久製)を設置。

  • 昭和51年 9月
  • 埼玉工場に電気溶解炉420kw150Hz(日本アジャックス製)2基を設置し、品質の安定、向上を図る。

  • 昭和58年 3月
  • 埼玉工場に2BM自動造型機(金森新東製)2台を設置し増産を図る。

  • 昭和60年 7月
  • 埼玉工場に2ML自動造型機(金森新東製)を設置し省力化合理化を図る。

  • 平成元年 3月
  • 埼玉工場に事務所棟及び、仕上げ工場を竣工。

  • 平成5年 3月
  • 埼玉工場に第2工場竣工。砂処理装置(全自動水分コントローラ付き20t/h)とAMF自動造形ラインを設置する。

  • 平成12年 6月
  • 生産体制の統合を図るため羽田工場を閉鎖。本社を埼玉工場とする。

  • 平成14年11月
  • 顧客のニーズに応える為、加工工場(MFE事業部)を新設。

  • 平成15年 7月
  • 自動バリ取り装置3台設置

  • 平成16年 4月
  • 環境問題を配慮し、鉛レス材専用ラインを設置。

  • 平成18年11月
  • NC旋盤1台設置

  • 平成19年 6月
  • NC旋盤2台設置

  • 平成23年 2月
  • 水車型バルブ加工専用機2台設置

  • 平成23年 5月
  • NC旋盤2台設置

  • 平成23年 9月
  • 水車型バルブ加工専用機1台設置

  • 平成25年 7月
  • 縦型マシニングセンタ1台設置

  • 平成25年 8月
  • 横型マシニングセンタ1台設置

  • 平成26年 6月
  • 無量小路俊宏が取締役社長に就任

  • 平成29年 3月
  • NC旋盤(三爪)1台設置
    NC旋盤(フォーカルトチャック付)5台設置
    4軸専用機2台設置
    ロボリドル1台設置

  • 平成30年1月
  • NC旋盤(三爪)2台設置



ページトップへ